Relaxation Healing Therapy
トータルセラピーサロン ラ・ムー

受講生から寄せられた喜びのメッセージ紹介

Hさん(助産師)30代女性  「打ち明けてくれた息子」

早速帰ってお兄ちゃんにしてみました。
特に感想とかは言わなかったけど、学校で嫌なことがあったらしく…それを打ち明けてくれました。
ぬくもりセラピーで「触れ合い母子時間」ができて良かったです。
続いて三男にもぬくもりセラピーしましたが気付いたら眠っていました。また明日もしてあげようと思っています。

Iさん(主婦)40代女性  「ずっと目を瞑ったままの祖母が」

祖母が入院し話もできなくなっている頃、何かしてあげられないかと思い、足をもんであげました。
足をもんでいると、ずっと目を瞑ったままの祖母が静かに目を開けてくれました「気持ちいい?」と聞くと「うん」とうなずいてくれて、もの凄く嬉しかった!こんな形で孝行ができるとは思ってもみなかったのでとても幸せです。

Kさん(看護師)50代女性「看護師本来の意味に気付かされました」

退院される患者さんに、ぬくもりセラピーをプレゼントさせていただきました。
セラピー終わって患者さんが涙をためながら「ありがとうございます色々お世話になりました・・」その短い言葉の中に言葉以上の言葉として色んな思いが伝わりセラピーを通じて看護師本来の意味に気付かされました。

Tさん(ケアマネ)30代女性  「何もしゃべらなかったおばあちゃんが一言」

同僚の看護師さんの足を借りてセラピーの練習をさせてもらっています。後で靴を履くとブカブカになっていてビックリ♪また、訪問先ではいくら話しかけても下を向いて返事がないおばあちゃん、会話はいつも一方通行。でも、ぬくもりセラピーをしながら常に話しかけ浮腫んだ足をケアしていました。その後、私が異動で別のチームに引継ぎ、新しいケアマネージャーさんが始めてそのおばあちゃんを担当した日の事です。今まで何もしゃべらなかったおばあちゃんが一言「足をもんでくれたTさんは?」と私の名前を呼んで探してくれたそうです。それには担当した職員さん達も大感動!すぐ私に連絡があり皆で一緒になって喜んだことです。

Sさん(主婦)30代女性  「ボランティアに訪れた近所の医院にて」

癒足隊(いやしたい)でボランティアに訪れた近所の医院長さんが「患者さんから、また、ぬくもりセラピーをやってほしいと希望があったよ!」とお話しがありとても嬉しかったです。また、ボランティアで行ける日がとっても楽しみです♪

Mさん(主婦)30代女性  「私の大切なボディーコミュニケーション」

子どもとのコミュニケーションがあまりとれていなかった私だけど、ぬくもりセラピーをしてあげていたら最近では子どものほうから「お母さんやって~♪」って足を出してくるようになりました。
子どもの健康を守りながら会話もでき、今では私の大切なボディーコミュニケーションツールになっています。
また、逆に私が疲れている時は子どもが見よう見まねで、私の足に、ぬくもりセラピーをしてくれてホントに気持ちよく幸せ気分でいっぱいです☆

Kさん(店員)30代女性  「寝付けない園児に

子供が通っている保育園の先生に"かかともみ"の良さを説明させていただきました。
後日、先生から「普段寝付けない園児に、ぬくもりセラピーをしたら5分位でぐっすり眠ったよ!ありがとう!」とメッセージをいただきました。とっても嬉しかったぁ!!

Sさん(保母)50代女性  「何をやっても、どうあやしても」

転入してきた園児が環境の変化か、何をやっても、どうあやしても、お昼寝の時間に寝付かなかった。
3日目に「あっ!ぬくもりセラピーをしてあげよう!」と思い足をもんであげたらスヤスヤ眠りについてくれました。
私も驚きましたが、他の保育士さん達も驚いていました。改めて、ぬくもりセラピーの良さを再確認したことです。

Hさん(助産師さん)

「ぬくもりセラピー」最初は聞き慣れない言葉でしたが「足のセラピーなんだ」という思いだけであまり言葉の意味を深く考えないまま、先ず①のコースを受講しました。
その授業の中でリズム・呼吸・間・氣を大切に!とオイルトリートメントでは学んだ事のない話に徐々に興味をひかれていきました。

トリートメントを行なう際は、お客様に氣持ち良くリラックスして頂き「受けて良かった」という満足感を得て頂けたら、という思いで施術をしていて、氣や呼吸というものはあまり意識していませんでしたが次の②のコースを学んでいく内に手技を通して氣を置く、氣を奏でる意味を実感し、さらにリズムや間についても少しずつ違いを実感してきました。

それから先生の言葉で印象にあるのは「お客様のからだが素晴らしい」という言葉です。
トリートメントの時は、どちらかというと「自分の施術で氣持ちよくなってもらっている」という感じがありましたが、そうではなく、お客様自身が目覚める能力を持っている。その目覚めのお手伝いとして関わらせて頂いている。という氣持に変化していったことです。
また、「一つの物質現象は多面的視野によってその都度概念が変化していくものであり、1つの枠にとどめる必要もない」というお話しも非常に印象深かったです。

          お客様と「共に奏でる」“ぬくもりセラピーラ・ムー足奏”

これから助産師として、セラピストとして地域で活躍していく中でセラピストとお客様のエネルギー・氣の交流・母親が子供を慈しむような氣持ちを大切にしお客様に接していきたいと思います。
やさしい手で触れられ、その“ぬくもり”を感じて何か優しい氣持ちになる。そのホッとする感覚を我が家に持ち帰り、そこに新たな“ぬくもり”が芽生える。そんな施術を提供できるセラピストになりたいと思います。
“ぬくもりセラピー”と私、今のこの時期に出会えて良かったです。

Hさん(コンビニ勤務) 40代男性 「幸福感を沢山の人に・・・」

私が初めて施術を受けたのは、今から5年前のことです。
四万十の方から大阪梅田の美容院に出張施術に来られていた田村先生のセラピーを受けたのがきっかけでした。 こちらにも色んな施術方法がありますが、これまでに体感したことのない何とも言えない安心感・安らぎを覚えたことを今でも鮮明に覚えています。
その後、この素晴らしい体感を周りの方々にも提供してあげたいと思うようになり受講を決意、数年かけて四万十に通い資格を取得しました。
昨年から西宮に事務局ができたことで、次のコースにも進みやすく、一緒に受講した仲間たちとも練習会を通じて新たな交流が始まっています。
これからも沢山の人に安らぎを与えられるよう、みなさんのお力を借りながら進んでいきたいと思います。

Iさん(リラクゼーションサロンオーナー)50代女性  「人生に気づきが・・・」

最初に受けたときは、思った以上に緩やかなリズムだったのでちょっと衝撃的でした。
痛くなく気持ちがよくていつの間にか寝てしまいました。目が覚めたあとは身体がスッキリしていました。
また、人にしてあげている時には、自分も癒されているんだということに気付かされました。
高齢の母にしてあげると、しっかり歩けるようになったと喜んでもらえ、それからは、またやってくれるの!と嬉しそうに待っていてくれます。また、私の人生の目的である人に愛を与えることに近づいた気がします。
これからどんどんサロンのお客様や家族に、そしてボランティアにと皆様のお役に立てるようがんばっていきたいと思います。

Yさん(主婦)50代女性  「心静かなひととき」

高齢の母のためにと思って受講しましたが、受講して私自身がとても癒されていることに気がつきました。
今は高齢の母だけでなく、子供たちにもしています。
まだまだ日々練習ですが、心静かなひとときを過させていただいていることに感謝しています。

Nさん(主婦)40代女性  「させてもらえることに感謝」

子どもや親が疲れている時に少しでも気持ちよくほぐしてあげられたらと思い、受講しました。
さっそく子どもにしてみると、静かに受けてくれて、血が巡っているような感じで、気持ちよかった!といってくれました。
やってもらっている時は気持ちよく、知らず知らずのうちに眠りに入っている感じで、している時は自分がとても癒されていて、反対にさせてもらえることに感謝です。
しても、してもらっても、どちらもが同時に癒されるセラピーだと思いました。

Yさん(主婦)30代主婦  「リラックスの大切さ」

初めて施行してもらった時、まず今まで自分がしてもらったことのあるセラピーとは、どれとも違うという印象でした。
いままで経験したことのある施術は圧の調節をしてもらうことも多く、時には強すぎるなあと思いつつ言いにくかったりして言えないでいると、後々痛みが残ったりすることがありました。
けれどもこの、ぬくもりセラピーは全くその心配がなかったです。
痛いくらいがいいと思いこんでいましたが今回の受講を経て安らぐ、リラックスするという事がとても大切なんだと思えるようになりました。
自分がしてあげる時は、安らげるお手伝いをさせてもらえればいいかなと思います。

Yさん30歳(主婦)  「軽くなったよ!ありがとう!!」

まず、右足だけセラピーした後、少し歩いてもらいましたら「右足は真っ直ぐ足が出るけど、左足は・・・あらー不思議!」と喜んでくれました。
セラピー後、目にかけていたタオルをとると、「視野が開けてる!明るくなったし、どんより重かったこころが軽くなってるよ!ありがとう!」と言っていただきました。
翌日、彼女から連絡がありまして、「昨日は、ありがとうございました。
身体のあちこちに変化ありメールでは言い表せないです。
素敵なセラピーと出会えて良かったね♪」って言ってくれました。

このページの上に戻る